独身の俺にとって配達弁当は命です

自分は京都の大学で研究室に勤務しています。研究に集中していると、昼夜の区別が無くなることが日常茶飯事で、住んでいるアパートに帰ると午前様ということも決して珍しくありません。むしろ、研究室にみんなで泊まりこんで作業している方が多いかもしれません。まだ自分は独身なので構わない部分もあるのですが、結婚している人にはかなり厳しい労働環境かなと思っています。

東京国際フォーラム|サービス・備品料金表[主催者]|ケータリングサービス[主催者]-パーティメニュー各種

当然、こんな昼も夜も無いスタイルで働いていると、毎食のご飯も不規則になりがちです。特に忙しい時にはお弁当を買いに外に出る時間も惜しくなってしまい、結局二食連続で食べないなんてことも頻繁にありました。

仙台 仕出し

しかし、最近になってこれが大きく改善されたのです。ウチの大学の近くに、待望の仕出しのお弁当を取り扱うお店が、つい二ヶ月ほど前に出来たからです。それ以来、研究室全体でそのお弁当屋さんを毎食のように利用しています。中には、「独身の俺にとって配達弁当は命です!」と言い出すチームメンバーもいるくらいで、それくらい本当に仕出しのお弁当には助けられています。

東京都内のケータリングならホテルコンチネンタル

不規則な時間でご飯をすることには変わりありませんが、それでもしっかりと栄養バランスが考えられたお弁当を食べられることは、自分たちのような仕事に携わる人間には欠かすことは出来ないのだなぁと、最近実感しています。